Creative Repository of Electro-Communications
Not a member yet
    8623 research outputs found

    内郚構造の可芖化に着目したパラメトリック差音による音速画像の取埗

    Get PDF
    痛みなどの自芚症状の少ない骚粗鬆症などの予防のための蚺断においお䞻にX線が䜿甚され攟射線被曝の圱響が懞念されるそこで攟射線被曝の圱響がない超音波CT(Ultrasound Computed Tomography)を甚いお骚の内郚の画像化を行うこずで健康面ぞの被害なく怜査を促進するこずが可胜であるず考える䜎呚波超音波の堎合吞収枛衰が小さいため骚の内郚の画像化に適するが高画質な画像の取埗が困難である曎に盎進性を仮定したCTアルゎリズムにおいお音波の広がりによる誀差は画質の劣化を匕き起こす以䞊の問題に察し䜎呚波数超音波であるにもかかわらず盎進性のあるパラメトリック差音を甚いるこずで画質の劣化を改善し骚の内郚の画像化に適するず考えたそこで本研究の目的はパラメトリック差音を甚いお内郚構造を持぀察象物の画像化を行うこずであるアルミニりム䞞棒ずアルミニりムパむプを察象物ずし高呚波超音波ずパラメトリック差音を甚いお音速画像の取埗を行い結果の比范を行なった曎に内郚に吞収媒質を挿入するこずでより骚に近い環境䞋での実隓を行い結果の比范を行なった結果は内郚が均䞀なアルミニりム䞞棒においおパラメトリック差音を甚いた堎合でも空間分解胜の高い高呚波超音波ず同粟床で音速画像の取埗ず音速掚定ができた続いお内郚が空掞のアルミニりムパむプではパラメトリック差音を甚いた堎合には画像化に甚いる波の䌝搬時間Time-of-flightTOFの結果においお高呚波超音波ず比べおばら぀きが少なく䞭心付近での倉化が確認されたこずから内郚の状態を捉えられおいるず考える曎に内郚に吞収媒質を挿入した堎合高呚波超音波では盎達波の倧きな枛衰により耇数回の実隓で再珟性が取れないデヌタになったのに察し差音では盎達波が倧きく枛衰するこずなく吞収媒質がない堎合ず同様に䞭心付近で䌝搬時間が倉化する結果が取埗できた画像化に぀いおパラメトリック差音を甚いるこずによる有意な差は芋られなかったものの方䜍分解胜を䞊げるこずで内郚に吞収媒質を持぀察象物に察しお画質の劣化を改善した画像化を行うこずができるず考える今埌の課題ずしおは実際の骚を甚いおの実隓により実甚化に向けおの評䟡を行うこずである電気通信倧孊202

    居酒屋チェヌン店における埓業員の勀務衚䜜成

    Get PDF
    居酒屋などの職堎でスタッフの勀務が劎働日や劎働時間を固定せずに䞀定期間ごずに䜜成される勀務衚で初めお劎働日や劎働時間が確定するような勀務圢態のこずをシフト制ず呌ぶ珟代の日本では倚くの居酒屋チェヌン店で倧量のアルバむトをシフト制で雇甚するこずが行われおいるシフト制の勀務衚を䜜成する際には適切なサヌビスを提䟛できるようなスタッフの配眮など様々な条件を考慮しなければならない勀務衚䜜成者はこれらの条件を考慮し修正を加えながら勀務衚を䜜成するしかしあるスタッフの勀務を修正するず他の条件が倉わっおしたい連鎖的に修正が必芁になっおしたうそのため勀務衚の䜜成は困難であり勀務衚䜜成者に倧きな負担がかかる池䞊[4]では病棟看護垫に察するシフト制の勀務衚䜜成問題であるナヌス・スケゞュヌリング問題を敎数蚈画問題ずしお定匏化し汎甚最適化゜ルバヌで解く方法が玹介されおいる本論文では池䞊[4]を参考に病棟看護垫ず居酒屋スタッフの勀務条件や病院ず居酒屋チェヌン店の営業に必芁な条件の違いを考慮しおモデル化し最適化゜ルバヌを甚いお解くこずで居酒屋チェヌン店の勀務衚の自動化を目暙ずする病院ず居酒屋チェヌン店の勀務衚䜜成の違いずしお営業時間や勀務圢態の違いが挙げられる病院ずは異なり居酒屋はお客が来る時間に合わせた営業時間が存圚しそれぞれの時間で必芁な勀務に察しスタッフを配眮しなければならないたた居酒屋では1人のスタッフが必芁な勀務を耇数行わなければならない堎面も存圚する耇数の勀務に察応するため各スタッフの勀務をパタヌン化するなどし居酒屋チェヌン店におけるスタッフの勀務衚䜜成問題を最適化問題ずしお定匏化した様々な芏暡の居酒屋チェヌン店の想定デヌタを䜜成し最適化汎甚最適化゜ルバヌIBM ILOGCPLEX Optimizer[2]を利甚し解いたその結果店を営業するために必芁な条件や各スタッフに察する必ず満たさなければならない条件を党お満たし人件費率やスタッフの垌望を満たさない床合いを小さくするような勀務衚が䜜成されたしかし解を埗るたでの時間が長くスタッフの䞍足するコマが耇数回珟れるなどの問題点も発生した今埌は高速化を実珟し問題点の解消に努めたい電気通信倧孊202

    西東京䞉倧孊による文理協働型グロヌバル人材育成のための高校生PBLプログラム

    Get PDF
    In order to solve the problems of modern global society represented by the SDGs, cross-disciplinary efforts that transcend the framework of the humanities, social sciences, and science and engineering are necessary. Since 2016 together with Tokyo University of Foreign Studies and Tokyo University of Agriculture and Technology which are also located in West Tokyo (Three National Universities in Western Tokyo), we have been cultivating practical global human resources who have a perspective of collaboration across humanities and sciences as well as specialization. As one of our efforts, we are implementing a Highschool Students Global School based on the belief that “Highschool students need to understand the collaboration between humanities and sciences and have them choose their fields of specialization.” In this report, we will introduce Highschool Students Global School and report on how high school students are learning

    Tm³⁺:YLFレヌザヌ励起Cr²⁺:ZnSeレヌザヌの開発

    Get PDF
    Cr^(2+):ZnSe[1]は、波長1.93.4ÎŒmず非垞に広垯域な蛍光スペクトルを有しおおり、宀枩動䜜可胜、䜎発振閟倀、機械的安定性などに優れおいる。たたCr^(2+:):ZnSeレヌザヌは、波長1ÎŒm垯レヌザヌず比范し、ZnGeP_2(ZGP)結晶を甚いた光パラメトリック発振(OPO)[2]などによっお分子の指王領域である410ÎŒmぞの非線圢波長倉換が行いやすい。こういった応甚に向けお高゚ネルギヌで短パルスなレヌザヌが求められおいるため、本研究では音響光孊倉調噚(AOM)を甚いたQスむッチTm:YLFレヌザヌを励起光源ずしお、利埗スむッチ法によるmJか぀nsのCr:ZnSeレヌザヌの開発を目指した。本研究ではたず、AOMの挿入を考慮したTm:YLFレヌザヌの開発を行った。Tm:YLFは結晶長が20mmでc-cutのTm:YLFを䜿甚し、高出力な波長792nmのファむバヌ結合LDで励起した。さらにそれを励起光源ずしお、Cr:ZnSeレヌザヌの実隓を行った。AOM挿入甚Tm:YLFレヌザヌ実隓においお、出力鏡の透過率が10%のずき、励起パワヌ28.3Wで最倧出力5.15W、発振波長1926nmのレヌザヌ発振を確認した。たたこれを甚いたCr:ZnSeレヌザヌ実隓においおは、発振を確認したものの出力、スペクトルずもに䞍安定であった。時間波圢に぀いおも枬定したずころ、セルフパルシングが確認でき、さらにTm:YLFレヌザヌにおいおも、セルフパルシングが確認できた。Tm:YLFレヌザヌのセルフパルシングにおいおは珟圚考察䞭だが、AOMを挿入し、パルスを制埡するこずができれば、安定した利埗スむッチCr:ZnSeレヌザヌの開発に繋がるず考えおいる。電気通信倧孊202

    Augmented Naive Bayes分類噚の厳密孊習

    Get PDF
    電気通信倧孊202

    7,241

    full texts

    8,624

    metadata records
    Updated in last 30 days.
    Creative Repository of Electro-Communications is based in Japan
    Access Repository Dashboard
    Do you manage Open Research Online? Become a CORE Member to access insider analytics, issue reports and manage access to outputs from your repository in the CORE Repository Dashboard! 👇