Creative Repository of Electro-Communications
Not a member yet
    6942 research outputs found

    Tm³⁺:YLFレーザー励起Cr²⁺:ZnSeレーザーの開発

    Get PDF
    Cr^(2+):ZnSe[1]は、波長1.9~3.4μmと非常に広帯域な蛍光スペクトルを有しており、室温動作可能、低発振閾値、機械的安定性などに優れている。またCr^(2+:):ZnSeレーザーは、波長1μm帯レーザーと比較し、ZnGeP_2(ZGP)結晶を用いた光パラメトリック発振(OPO)[2]などによって分子の指紋領域である4~10μmへの非線形波長変換が行いやすい。こういった応用に向けて高エネルギーで短パルスなレーザーが求められているため、本研究では音響光学変調器(AOM)を用いたQスイッチTm:YLFレーザーを励起光源として、利得スイッチ法による~mJかつ~nsのCr:ZnSeレーザーの開発を目指した。本研究ではまず、AOMの挿入を考慮したTm:YLFレーザーの開発を行った。Tm:YLFは結晶長が20mmでc-cutのTm:YLFを使用し、高出力な波長792nmのファイバー結合LDで励起した。さらにそれを励起光源として、Cr:ZnSeレーザーの実験を行った。AOM挿入用Tm:YLFレーザー実験において、出力鏡の透過率が10%のとき、励起パワー28.3Wで最大出力5.15W、発振波長1926nmのレーザー発振を確認した。またこれを用いたCr:ZnSeレーザー実験においては、発振を確認したものの出力、スペクトルともに不安定であった。時間波形についても測定したところ、セルフパルシングが確認でき、さらにTm:YLFレーザーにおいても、セルフパルシングが確認できた。Tm:YLFレーザーのセルフパルシングにおいては現在考察中だが、AOMを挿入し、パルスを制御することができれば、安定した利得スイッチCr:ZnSeレーザーの開発に繋がると考えている。電気通信大学202

    Augmented Naive Bayes分類器の厳密学習

    Get PDF
    電気通信大学202

    半導体光増幅器内で発生する周波数チャープの測定法の性能評価

    Get PDF
    現在,ネットワークのトラヒックの増加に対応するため,より高速な通信が可能である光学的な信号処理技術が注目されている.光信号処理においてよく利用される半導体光増幅器(SOA:Semiconduct or Optical Amplifier)にて光信号を増幅するとき,周波数チャープという現象が起こる.この現象は,光通信においては信号品質を劣化させる一方,これを利用した光信号処理を行うことが可能である.周波数チャープ測定において,NRZ(Non Return to Zero)信号のデータ光に発生する周波数チャープを直接測定する方法は先行研究において示されているが,より光信号処理に適したRZ(Return to Zero)信号についてデータ光の周波数チャープを直接的に測定することは困難である.これは,RZ信号はNRZ信号と比べスペクトル幅が広い信号であることが原因である.本研究では,データ光とプローブ光をSOAへ同時に入力し,データ光の影響を受けたプローブ光の周波数チャープ特性を測定することでデータ光の周波数チャープ特性を測定する手法を提案する.本提案手法では RZ信号等のスペクトル幅が広い信号であっても周波数チャープが測定できることが期待できる.本提案手法性能を評価するために,NRZ信号について測定を行い,先行研究と同じ手法で測定した場合との比較を行った.プローブ光波長を適切に設定すると,従来の手法で測定した場合と相関のある結果を得ることができた.また,本提案手法を用いることで,入力波形の0レベルに影響を受けずチャープ成分のみ観測できる利点があることがわかった.次に,提案手法の正当性を確認した上で,RZ信号の周波数チャープ測定を行った.その結果, RZ信号はNRZ信号の周波数チャープ特性と同じ傾向を持つことが確認できた.電気通信大学202

    生物発光によって駆動する非侵襲的なLTD阻害ツールの開発

    Get PDF
    (序論)脳は多くの神経細胞が回路を形成して情報を伝達することで機能している。神経細胞間はシナプスと呼ばれる構造によって連絡されている。 シナプス間の情報伝達は神経伝達物質の放出とそれと結合する受容体によって成り立ち 、神経伝達物質が受容体に結合することで神経細胞間の情報伝達が行われる。 このシナプス間の情報伝達効率は一定ではなく、周りの環境や刺激により変化することがあり、これをシナプス可塑性と呼ぶ。 その一つである長期抑圧(LTD)は、樹状突起上のAMPA型グルタミン酸受容体(AMPA受容体)がエンドサイトーシスによって細胞内に取り込まれ、表面のAMPA受容体数が減少することにより引き起こされる。これまでに光刺激によりLTDを阻害し運動学習を操作するような様々なツールが開発されており、PhotonSABERもその一つである。PhotonSABERはAnabaenaという光合成細菌が持つ光感応性のプロトンポンプに初期エンドソームへの輸送シグナルを付加したタンパク質であり、光を当てるとエンドサイトーシスを抑制し、結果的にLTDを阻害するような機能を持つ。しかし、このような光感応性のタンパク質の活性化のための光刺激の導入には、光ファイバーなどの光源が必須である。生体内で、PhotonSABERを活性化させる場合、光ファイバーを生体の脳内に挿入する必要があり、特に脳深部領域への光ファイバーの挿入は侵襲性が高いという問題も抱えている。そこで、PhotonSABERに生物発光に関与するルシフェラーゼを付加することで、PhotonSABERの活性化に必要な発光を体内で発生させ、直接光ファイバーなどで光を当てなくてもLTDの阻害を引き起こすことができるのではないかと考えている。(結果)本研究では、PhotonSABERとホタルルシフェラーゼの融合タンパク質であるPS-Luc2、深海エビルシフェラーゼとの融合タンパク質PS-Nluc、そしてPhotonSABERの吸収波長を短波長側にシフトさせたPs-blueとNlucの融合タンパク質PS-Blue-Nlucの3種のタンパク質を作成した。これらを培養海馬神経細胞に発現させ、ルシフェラーゼをの基質を投与した際、細胞表面のAMPA型受容体比が変化するのかを解析した。結果は、PS-Luc2及びPS-NlucではLTDの阻害を行うことができなかった。一方でPS-blueNlucを用いた実験ではLTD阻害が一部確認された。また、PhotonSABERの代わりに別のロドプシンであるシチゾロドプシンを用いたSzLIを使ったSzLI-Nlucを用いた実験も行い、こちらでも一部LTDの阻害を確認することができた。したがってPSblue-NlucおよびSzLI-Nlucの二つタンパク質はLTD阻害ツールの候補として有効であり、今後、完全な挙動を目標としてより細かい反応条件などを精査していく。電気通信大学202

    Nepotism and Meritocracy: Structure of Conflict Between Elites in Modern Brazil

    Get PDF
    This paper looks at bureaucrats and military officers in modern Brazil and analyzes how these groups were recruited and promoted to understand the background of their opposition. Because public education was late to develop in Brazil, schools functioned as a way to reproduce the upper class and were a major means of maintaining the oligarchy. The appointment of bureaucrats was based on nepotism, which led to the continued predominance of the upper class over a long time, and this did not change dramatically with the introduction of civil service examinations. In contrast, the military quickly established a meritocratic system based on ability as shown through tests and academic background, thus putting those from the middle class at the center of the officer corps. Pride in having improved one’s professional qualities within a meritocracy engendered a sense of superiority among military officers over bureaucrats; in other words, the conflict between nepotism and meritocracy was a major cause of discord

    5,836

    full texts

    6,943

    metadata records
    Updated in last 30 days.
    Creative Repository of Electro-Communications is based in Japan
    Access Repository Dashboard
    Do you manage Open Research Online? Become a CORE Member to access insider analytics, issue reports and manage access to outputs from your repository in the CORE Repository Dashboard! 👇