Tokyo Woman's Christian University Repository / 東京女子大学学術情報リポジトリ

    デカブリストの性格

    Get PDF

    丸山眞男研究プロジェクト中間シンポジウム:コメント

    Get PDF

    従順なエルフと抵抗するゴブリン:「ハリー・ポッター」シリーズの魔法種族における価値の逆転

    Get PDF
    Elves and goblins in J. K. Rowling’s “Harry Potter” books seem to be rather different from their traditional images we see in British folktales. Rowling’s elves are pathetic, hardly able to act for their own sake, delighted only when they are treated well by witches and wizards. On the other hand, goblins are clever and assertive, and always stick to their goals. In Harry’s last battle with Voldemort told in the seventh book, a goblin, Griphook, plays a crucial part. It seems that in Rowling’s works goblins are given more positive roles than elves, which is not the case in most traditional folktales. However, learning to be kind to house-elves is also very important for Harry, because house-elves work best for those who are kind to them, and acquiring their help means a lot in the battles Harry fights. In the seventh book, Harry digs a grave for Dobby, the house-elf who has died to save him. Harry does this just for Dobby’s memory, not to get help from house-elves. This selfless service of Harry’s moves Griphook, usually a stubborn and defiant goblin, and he agrees to join forces with Harry in his task to defeat Voldemort. Elves and Goblins described in Rowling’s works show that just being kind can change the world

    目次

    Get PDF

    65.糖類プルランのcharacterization

    Get PDF
    Viscosity and gel permeation chromatography (GPC) measurements were carried out on pullulan, a polysaccharide produced by a fungus Aureobasidium pullulans, in aqueous solution. The pullulan samples used for this study were fractionated ones having the weight-average molecular weights M_w in the range of 5.3×10^3 to 7.68×10^5, which were supplied by Hayashibara Biochemical Laboratories, Inc. The double-logarithmic plots of the intrinsic viscosity [η] and M_w for the samples with M_w greater than 2×10^4 showed a linear relationship, from which the viscosity equation [η]=2.16×10^M_w^ (H_2O, 25℃) was obtained. From GPC chromatograms, the values of M_w/M_n ratio (M_n is the number-average molecular weight) were evaluated for each of the samples, which were found to be 1.06〜1.15. The universal calibration curve for the relation between [η]・M_w and V_e, the elution volume, was expressed as log [η] M_w=12.80-0.152 V_e for the samples with M_w=1.2×10^4〜3.4×10^5

    53.ランプパターンの転移問題 : 単因子論の一応用

    Get PDF
    An mn lamp pattern is a distribution of the on-off states of the mn lamps arranged in an mn rectangular array. If one touches one of the lamps, then the on-off status of that lamp, and of the vertically-adjacent or horizontally-adjacent lamps will all be reversed. This is a basic transition, and these transitions applied successively define an equivalence relation among the set of the mn lamp patterns. This paper is concerned with determination of the number of the equivalence classes of the mn lamp patterns. It is shown that the class number is given by 2^d, with the degree d of the polynomial G.C.D. (det (xI_n-A_n), det ((x-1)I_m-A_m)), where I_n is the unit matrix and A_n is the incidence matrix of a basic transition, containing 1 on the two lines parallel and adjacent to the main diagonal and 0 elsewhere

    とびきり幸せなパートナー : ルーシー・ボストンとピーター・ボストン

    Get PDF
    ルーシー・ボストンは、ひとり息子のピーターが自分の子ども向けの作品ほぼすべての挿絵を描いていることについて、ことのほか喜んでいた。このことは、1972年にレディング大学で行なった講演会後の質疑応答からわかる。それによると、ピーターが挿絵を手がけるようになったきっかけは、ルーシーの処女作のひとつ、『グリーン・ノウの子どもたち』(「グリーン・ノウ」シリーズ第1巻)に、建築家の息子に挿絵を描かないかもちかけたところ、彼が即座に同意したことで、その快諾はルーシーにとって「格別の喜び」だったこと、こうして、彼女は、創作上の「とびきり幸せなパートナー」を得たこと、などを明らかにしている。ピーター・ボストンは、2種類の手法を用いている。通常の木口版画とスクレイパーボード(別名スクラッチボード)を用いた版画とである。木口版画の場合には、通常どおり版木を尖った彫刻刀で彫って印字面を表現しているが、ピーターの作品のなかには、彼が敬愛していた木口版画の巨匠トマス・ビューイックを彷彿とさせるものもいくつかある。また、版画家としてピーターがとくにこだわったのは、黒と白の対比(とくに黒の醸し出す強い印象)である。そのため、1ページ丸々使って挿絵を刷り、四辺の余白をすっかり裁ち落としにするように印刷屋に指示までした。このため、印刷屋は、ページ全紙の挿絵の場合、吸い込みの少ない上質の紙に印刷したのち、原画を反転(ときに縮小)する指示に従って、元のネガ(陰画)を印刷したうえで、1枚ずつ手で糊付けして本に挟み込まなければならなかった。これは、あまりに労が多く高くついたため、第2巻以降では変えざるをえなくなった。そこで、ピーターが考え出したのが、版木の代わりにスクレイパーボードを使う手法である。彼は、たいてい、白い紙のボードを用い、必要な面に墨汁を塗ったうえで、尖った彫刻刀で黒い面を「削り」とって、その下の白の層を見せる形で製作している。これらいずれの手法も、思う存分、繊細で細かい細部まで描く――錯覚かと思い込みそうなほんのわずかな瞬間を繊細に提示する――ことや、荒々しく神業的な力を大胆に自信たっぷりに表現すること、小さな画面で遠近感を出したりするのにうってつけであった。同時に、それらは、この挿絵画家が、それぞれの作品の主題をゆるぎなく受けとめたうえであることは言うまでもない。のちに、母親のルーシーは、「自分には絵的想像力はまったくないのに対し、ピーターの方は、『私が考えるしかできないことを魔法のように描ける』」と評している。ルーシー・ボストンは、見え、書ける。その息子は、見え、描ける。作家と挿絵画家として、ふたりは、まさに「とびきり幸せなパートナー」であった

    Death is Better than Life : The Ideal in George MacDonald’s Fairy Tales

    Get PDF
    This study has examined George MacDonald’s first fantasy novel for adults, Phantastes(1858)and “The Golden Key”(1867)as the transitional process on the way toward his last fantasy novel, Lilith(1895). The theme of death and the importance of the self-sacrificial spirit which are described through these two works, are related with MacDonald\u27s own experiences and beliefs. Furthermore, this investigation has revealed that these themes become the foundation of Lilith by being associated with sin and relief.本稿ではGeorge MacDonaldによる最初の大人向けファンタジー小説、Phantastesと短編“The Golden Key” を、彼の最後のファンタジー小説であるLilithへ推移する過程として考察した。二つの物語を通して示された死と生を巡るテーマと自己犠牲的精神の重要性は、MacDonald の経験や、手紙や説教に見受けられる彼自身の信念と密接に関係している。この研究によって、これらのテーマが罪や救済の観念と結びつくことでLilithの基盤となることが明らかとなった

    表紙

    Get PDF
    Tokyo Woman's Christian University Repository / 東京女子大学学術情報リポジトリis based in JP
    Repository Dashboard
    Do you manage Tokyo Woman's Christian University Repository / 東京女子大学学術情報リポジトリ? Access insider analytics, issue reports and manage access to outputs from your repository in the CORE Repository Dashboard!