Article thumbnail

Simultaneous Microquantitative Analysis of Both Ni and Co Elements by Atomic Absorption Spectrophotometry

By 洋夫 木下, Nadao Kinoshita, 政嗣 森口 and Masashi Moriguchi

Abstract

リポソームの体内動態を追求する手段として原子吸光測定法を選び可能性を検討した。即ち、リポソームを二重標識することと測定値のback groundをできるだけ低くすることを考え、動物では極微量元素であるNiとCoについて原子吸光測定法による同時微量分別定量の可能性を検討した。その結果、両元素は6.25ppbから50ppbの範囲でほぼ+-10%の誤差で定量できることが分かった、これはリポソームのマーカーとして十分利用できる範囲である

Publisher: 九州大学医療技術短期大学部
Year: 1990
OAI identifier: oai:catalog.lib.kyushu-u.ac.jp:2324/200
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://hdl.handle.net/2324/200 (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.