Article thumbnail

A Systematic Review of Software Fault Prediction Studies and Related Techniques

By 秀明 畑, 修 水野 and 菊野 亨

Abstract

近年,ソフトウェアリポジトリのデータマイニングを利用した不具合予測の研究が活発に行われている.不具合予測に関連してどのようなメトリクスが研究されているかを明らかにするため,本稿では系統的レビューを行った.2つの論文誌と5つの国際会議において,2000年から2010年に発表された文献のうち63編を調査した.研究されたメトリクスを分析するため,測定対象と測定に必要な履歴情報に基づき8つの領域に分類した.レビューの結果,主に2005年以降コードやプロセスの履歴に基づくメトリクスが研究されるようになっており,また2008年以降には新たに開発組織や地理的位置関係に関連したメトリクスが提案されていることが明らかになった.This paper provides a systematic review of studies related to software fault prediction with a specifec focus on types of metrics. The research questions on this paper are: what types of metrics are used for studies related to faults, and is there trend in proposal of fault-related metrics. The review uses 63 papers in 2 journals related and process-related historical metrics had been used mainly since 2005, and organization-related and geographic metrics had been used since 2008

Publisher: 'Geological Society of America'
Year: 2012
DOI identifier: 10.11309/jssst.29.1_106
OAI identifier: oai:library.naist.jp:10061/12250
Journal:

Suggested articles


To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.