Advancing the integrity of medical research : Fundamentals of research ethics and resent trends

Abstract

今日,医学系研究をめぐっては,研究不正や利益相反疑いの問題が報道で大きく取り上げられるようになってきた。ひとたび,研究不正や利益相反疑いを投げかけられた研究者や研究機関の被るダメージは甚大である。他方,近年,研究公正という概念が注目を集めている。研究公正とは,単に研究不正がないだけでなく,今日において研究に要請される倫理的要求を満たした研究を意味する。そこで本稿では,研究に要請される倫理的要素として有名なFINER CRITERIAやALCOA-CCEA原則,また,Emanuelの臨床倫理7原則について紹介する。また,公正な研究を進める上で必要な研修や倫理審査といったプロセスについても,今日の新しい状況についてレビューする。そして最後に,公正な医学系研究を進めるにあたっては,研究倫理に関する研修等研究者サイドの取組のみではなく,研究支援部門の設置・運営等研究機関全体として組織的に取り組む必要性を論ずる

Similar works

Full text

thumbnail-image

sapporo medical university Information and KnOwledge Repository)

redirect
Last time updated on 10/07/2018

Having an issue?

Is data on this page outdated, violates copyrights or anything else? Report the problem now and we will take corresponding actions after reviewing your request.