Skip to main content
Article thumbnail
Location of Repository

Protocol analysis with nested graph rewriting

By 弘明 圷

Abstract

LMNtalは階層グラフ書き換えに基づく言語モデルであり、さまざまな計算モデルの統合を目指すモデルである。そのような言語的特性を生かし、本論文ではLMNtalをセキュリティプロトコルの検証に用いることにした。LMNtalで検証するにあたって、セキュリティプロトコルで多用されるグローバルな値を表現しやすくするために、hyperlinkを導入し、HyperLMNtalという言語モデルに拡張した。さらに、その上でnondeterministic LMNtalを定義し、セキュリティプロトコルを有限状態の書き換え系として扱うことによって検証する方法を提案した。本論文では実際のセキュリティプロトコルであるNeedham-Schroderプロトコルをはじめ、いくつかのプロトコルに対して拡張されたLMNtalで実際に記述できることを確認し、Loweらによって指摘された脆弱性を検証できることを確認した。修士論

Topics: プロトコル検証, 多重集合書き換え, 階層グラフ, ハイパーグラフ, LMNtal, protocol analysis, multiset rewriting, nested graph, hypergraphs, LMNtal, Computer science, 007
Publisher: Waseda University
Year: 2005
OAI identifier: oai:dspace.wul.waseda.ac.jp:2065/767
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://hdl.handle.net/2065/767 (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.