Skip to main content
Article thumbnail
Location of Repository

Salmonella enteritidis腸炎に合併した急性脳症の1男児例(<特集>小児科学教室大澤真木子教授開講5周年記念)

By  Mihoko MATSUZAKI,  Yukiko HIRANO and  Makiko OSAWA

Abstract

易感染性を持たない3歳男児が,非チフス性サルモネラ菌Salmonella enteritidis O:9H:G感染による腸炎に罹患した.対症療法で6病日に解熱し,最高40回/日におよぶ下痢は11病日にいったん軽快した.12病日に再発熱し,13病日に嘔吐,および全身性強直性間代性けいれん後に意識障害が遷延した.自発言語消失,感情失禁,共同偏視,痙性・膝クローヌスなどの錐体路徴候を認めた.頭部画像は脳浮腫を,脳波は徐波化を,髄液は細胞数増多を伴っていないことより急性脳症と診断した.消化管からサルモネラ排菌は持続したが,血液・髄液培養および血中エンドトキシンは陰性で,サルモネラ菌の中枢神経系への直接侵襲を証明できなかった.急性期に一過性に乏尿が出現し,タンパク尿,円柱尿,尿中β_2MGの上昇,貧血,血小板減少症,血液凝固能亢進が認められた.サルモネラ感染症は,消化器系,中枢神経系,腎尿細管,血管内血液凝固系に及んだ.消化管から排菌は持続したが,知的精神遅滞を残して回復した.エンドトキシン,サイトカインが症状発現に関与していると推測した.A 3-year-old boy who presented with prodomal Salmonella (S.) enteritidis (O : 9 H : G) followed by acute encephalopathy prior to transient mild renal impairment due to intravascular consumptive microcoagulopathy is described

Publisher: 東京女子医科大学学会
Year: 2000
OAI identifier: oai:ir.twmu.ac.jp:10470/25180
Journal:
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://hdl.handle.net/10470/25... (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.