Skip to main content
Article thumbnail
Location of Repository

児童英語教育における絵本(1) Tasha Tudor の初期の絵本

By 橋内幸子, 垣見益子 and 佐生武彦

Abstract

日本の小学校英語活動における絵本の重要性を鑑み,本稿では現代アメリカの挿し絵画家であり,絵本作家である Tasha Tudor の作品を取り上げ,前半部分では彼女の絵本制作と絵本の内容について,1970年代までの経緯を辿った。後半部分は,彼女による絵本,A Is for ANNABELLE:A DOLL'S ALPHABET(1954),1 is One (1956),Around the Year(1957),A Time to Keep (1977)の絵と英語表現が,現在の日本の小学校における英語教育現場において,どのような要素を持つが故に活用できるかについての紹介である。なお,クラスでの具体的な使い方については,次回にしておく

Topics: 児童英語教育, 絵本, Tasha Tudor
Publisher: 中国学園大学/中国短期大学
Year: 2006
OAI identifier: oai:cur-ren.cjc.ac.jp:46
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://cur-ren.cjc.ac.jp/metad... (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.