National Institute of Japanese Literature Repository / 国文学研究資料館学術情報リポジトリ
Not a member yet
    4634 research outputs found

    CONTRIBUTORS

    Get PDF

    第42回 国際日本文学研究集会会議録――表紙、中表紙、目次、奥付――

    Get PDF

    Cover and contents. Studies in Japanese Literature and Culture. VOLUME 3: INTERACTION OF KNOWLEDGE

    Get PDF

    Medieval Buddhism and Music: Musical Notation and the Recordability of the Voice

    Get PDF

    Abstracts of Papers\n

    Get PDF

    モンゴル国のカザフ音楽アーカイブズ・アルトゥンコル―その設立と維持

    Get PDF
     旧ソ連圏にある音楽アーカイブズは、首都に設立された音楽アーカイブズの設立と維持が従来報告されてきた。本稿は、旧ソ連の衛星国であったモンゴル国の最西部に位置するバヤンウルギー県を対象とし、そこに1960年代に設立された音楽アーカイブズを取り上げる。バヤンウルギー県は、少数民族のカザフ人が県人口の9割を占めている。バヤンウルギー県の県庁所在地にあたるウルギー市には、バヤンウルギー県地方ラジオ・テレビ局があり、局内に「アルトゥンコル」という音楽アーカイブズがある。設置当時から、当県のカザフ音楽の演奏を磁気テープに記録・収録する活動が行われてきた。現在、アルトゥンコルには、2000曲を超える社会主義期に録音されたカザフ語、モンゴル語、ロシア語の音源が保管されている。本稿は、筆者が2018年にアルトゥンコルでのデジタル化に参与した際のデータを用い、アルトゥンコル設立の過程、収蔵シリーズの特徴、収蔵音源の詳細、保存環境について考察する。社会主義体制が崩壊した後、保存媒体である磁気テープを維持する環境や、デジタル化に様々な課題を抱えているが、アルトゥンコルに収蔵された曲は、社会主義期にモンゴル国のカザフ人が演奏した音楽を再現できる可能性を持ち、社会主義期の演奏実態を解明する一助となる

    National Institute of Japanese Literature 2019

    Get PDF

    中近世ヴェネツィアにおける宗教兄弟会のアーカイブズ管理

    Get PDF
     13世紀以来、イタリア北中部では都市政府による記録文書の保存と管理が本格的に開始された。干潟の大商業都市ヴェネツィアも例外ではなく、15世紀以降に書記局を中心に過去の記録を整理し、文書形成と管理を拡大的に整備・進展させ、現在でも、ヨーロッパで有数の量の記録文書を伝え際だった存在感を示す。 これまで、ヴェネツィアの文書管理については、書記局官僚の形成とともに、主に都市政府による統治・行政の範囲内で解明が進んできた。一方で、都市政府という枠組みの外にある民間実践については、十分な検討が進んでこなかった。 そこで、本稿では、13世紀に成立し、15世紀以降に都市の主要な慈善団体の1つとして近世まで大きな存在感を有し続けた大規模宗教兄弟会を事例にして、同団体による文書管理を検討する。それによって、慣習法の蓄積への対応に追われた都市政府による管理との類似性が指摘されるとともに、15世紀から16世紀前半にかけて多くの遺産管理を担うことになった同団体の事情が文書管理に及ぼした影響も考察される。また、本稿の事例によって、都市ヴェネツィアにおける幅広い<アーカイブズ実践>の社会状況についての一端を明らかにすることも期待される

    研究発表 知の不安定性の力――藤原清輔と藤原俊成の歌論の分析からみた中世における『万葉集』の受容について――

    Get PDF
    What happens to knowledge when we gain access to new information and take into account more variables? The answer is obvious – it updates and it changes. In this presentation, I trace how generations of reception and appropriation of Man’yōshū (759-785), the first extant poetry collection in Japanese, have been affected by the poetic discourse, instability of knowledge and channels through which knowledge is carried, and existence of various manuscripts of Man’yōshū in the early medieval era. I deal with two allegedly rival schools – Rokujō and Mikohidari – and two of their representatives – Fujiwara Kiyosuke (1104-1177) and Fujiwara Shunzei (1114-1204). I examine their Man’yōshū reception strategy by analyzing their poetry criticism (karon). My approach is, however, to see them not only as binaries and rivals, but above all as representing continuous stages in the development of the Japanese poetic tradition.The results of my research lead me to a conclusion that the Mikohidari poets, considered to be specialists on the Heian period tales like Genji monogatari, paid much more attention to Man’yōshū scholarship than it is currently acknowledged. Moreover, I argue that the process of modifying the waka tradition in fact started with Kiyosuke, not with Shunzei. The Mikohidari poets took over this process after Kiyosuke’s death, claimed a big part of the Rokujō tradition, and established themselves as modernizers of the poetic craft. The two poets and schools had thus much more in common than is usually acknowledged but they utilized the idea of their rivalry as a tool in pursuit of their goals – to attract potential patrons and thus gain power through knowledge. The Rokujō-Mikohidari rivalry, being the most definitive frameworks for discussing the two schools, is a result of variability of texts and knowledge owned by the two schools. This implies that the common knowledge about waka or Man’yōshū in the early medieval era was much more indefinite than we currently believe. Such instability was possible due to the existence of the already-established poetic discourse that lay beyond the Rokujō and Mikohidari labels; discourse was a shared space where the circulated knowledge continues to be added, replaced, modified and negotiated. In fact, the fluidity of knowledge enabled the poets to use it to their advantage by various mechanisms of stabilizing their line of knowledge transmission; instability of texts and knowledge gave them power

    2,619

    full texts

    2,821

    metadata records
    Updated in last 30 days.
    National Institute of Japanese Literature Repository / 国文学研究資料館学術情報リポジトリ is based in JP
    Access Repository Dashboard
    Do you manage Open Research Online? Become a CORE Member to access insider analytics, issue reports and manage access to outputs from your repository in the CORE Repository Dashboard! 👇