research

γ線照射処理した Picea abies の仮道管壁の構造

Abstract

When a wood specimen (Picea abies (L.) KARST) was γ-irradiated (655 Mrad), microfibrillar texture as seen in the untreated wood was still clearly observed by replica on the surface of the tracheid, while this wood became non-crystalline with X-ray diffractioIn. In transverse and longitudinal sections of the tracheid in γ-irradiated wood microfibrils were observed by the method of block negative staining with uranyl acetate. The disintegration of γ-irradated wood produced many short broken microfibrils. The above facts indicate that γ-irradiation produces many defects even within the crystalline region of microfibrils while retaining their original shapeγ線照射 (655 Mrad) 処理材 〔Picea abies (L.) KARST〕 のX線回折図では結晶性ピークを示さないのに, 電子顕微鏡でレプリカ法により観察すると, 仮道管内壁面には顕著なミクロフィブリルの配向がみられた。本報では, γ線処理材の仮道管にみられるこのようなミクロフィブリル像の実体を明らかにしようとした。γ線処理材を酢酸ウラニルでブロック負染色法により電子顕微鏡観察すると, 仮道管の横断面・縦断面ともにミクロフィブリルが白い斑点状 或いは線状に存在することが確認された。さらにこの試料を解体して観察すると, 短破片状のミクロフィブリルがみられた。以上の結果から, このγ線処理材においては, ミクロフィブリル中に多くの結晶欠陥が存在するが, なおミクロフィブリルの形態は保持されているものと推定される

    Similar works