The Entrepreneurship of Jyutaro Matsumoto and the Management of Sanyoraliway Co. Ltd

Abstract

publisher[目次] はじめに, 1. 松本重太郎の企業家人生 (1)出生から商家奉公・独立開店まで  (2)企業家としての活動 (3)関西財界での地位の向上 (4) 企業間トラブルの解決と様々な公職 2. 松本重太郎の山陽鉄道における経営  (1) 山陽鉄道への関与と社長就任までの様子  (2) 社長就任直後の様子  (3) 総支配人の配置  (4) 役員と主要株主の変遷[抄録] 本稿では、明治期に関西で活躍した松本重太郎の企業家活動を瞥見している。 松本が関西財界のリーダーとしての地位を確立するのは、関係企業数、公職の数、年間所得などから判断して明治25~30年頃のことであった。 そうした時期に山陽鉄道の社長に就いた。 就任直後の短期間において改善は行われたが、山陽鉄道の経営だけに集中できない状態にあった。 同社では実質的に総支配人によって業務はまかされ、大株主である三菱や慶応出身者によって主導権は握られていた。 [ Abstract] The purpose of this paper is to glance entrepreneurship of Jyutaro Matsumoto and to demonstrate administration of Sanyorailway Co.Ltd. while he was the president. He was one of the leaders of the business world in Kansai area in the Meiji period. He was busy with many business activities, for example, establishing and managing about 40 companies along with doing other official duties. So he didn't concentrate on managing Sanyorailway, though he reformed it for a short time. Instead of him, general managers mainly ran the campany. Some members of MITSUBISHI ZAIBATSU and KEIO graduates took the initiave of the company by holding many stocks

Similar works

Full text

thumbnail-image

Kinki University Academic Resource Repository (近畿大学学術情報リポジトリ)

Provided original full text link
Last time updated on 11/17/2016

Having an issue?

Is data on this page outdated, violates copyrights or anything else? Report the problem now and we will take corresponding actions after reviewing your request.

We use cookies to improve our website.

Learn more