Article thumbnail

「文章表現演習」における日本人学生の変容 : グループでの話し合いを通して

By 尚子 佐藤 and 郁子 木原

Abstract

2008 年度前期に開講された「文章表現演習」(コミュニケーション・リテラシー科目のパイロット授業)では、グループでの話し合い活動を積極的に行った。本稿では学生が記入した授業評価アンケートからグループでの話し合い活動に関係するコメントを抽出して、分析を行った。その結果から、グループでの話し合い活動が学生の気づきを促し、第一言語の運用能力を高めていることを指摘し、協同的な活動の有効性について述べた

Publisher: Chiba University. Center for International Education
Year: 2009
DOI identifier: 10.20776/S18819451-2-P1
OAI identifier: oai:opac.ll.chiba-u.jp:900116288
Journal:

To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.

Suggested articles