Article thumbnail

Influence of Nasal Closing on Thresholds for Basic Taste Solutions

By 一郎 蘆田, 洋三 宮岡, Ichiro Ashida and Yozo Miyaoka

Abstract

味覚と嗅覚との関連を示す知見は多いが、その多くが両感覚の閾上刺激を用いてきた。本研究では、鼻腔の気流遮断による味覚への影響を閾値の測定によって検討した。今回は、四基本味 (甘味、塩味、酸味、苦味) およびうま味の検知閾と認知閾について、鼻腔の「両側開放」、「片 (左、右) 側閉鎖」、および「両側閉鎖」という3条作間で比較した。得られた主な知見は、次の3点であった。(1)酸味を除く4味質において、鼻腔の閉鎖は味覚閾値を上昇させた、(2)うま味の閾値上昇は特に顕著であった、(3)片側の鼻腔閉鎖は味党閾値に影響せず、左右差もなかった。「風味」とは一見無縁と見られる四基本味やうま味についても、嗅覚情報の影響を受けることが示唆された

Topics: 味覚, 嗅覚, 味覚閾値, 基本味液, taste, smell, taste threshold, basic taste solutions
Publisher: 新潟医療福祉学会
Year: 2003
OAI identifier: oai:nirr.lib.niigata-u.ac.jp:10623/13831
Journal:

Suggested articles


To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.