Article thumbnail

Une lecture du cycle d\u27Art des Fleurs du Mal de Charles Baudelaire(1)‐La 《prehistoire》 du poete lyrique et romantique‐

By 清水 まさ志

Abstract

十九世紀フランスの詩人シャルル・ボードレールの詩集『悪の華』第一部「憂鬱と理想」に含まれる詩篇「祝福」「太陽」「高翔」「照応」「あれら裸の時代の思い出を私は愛する」を、「ハシッシュの詩」の冒頭と関連付けて、恩寵的な超自然状態が描かれている詩篇として位置づけた。ボードレールは、これらの詩篇を通して、「楽園」「古代」「子供時代」「善」「理想」とは何かを語り、古典主義的抒情詩人として善の花々をうたってみせた。しかしそれは同時にロマン主義的抒情詩人として「失楽園」「現代」「大人」「悪」「人工の理想」をうたうに至る「前史」を語っていると考えられる。こうした分析を通して、「憂鬱と理想」の構成において、「あれら裸の時代の思い出を私は愛する」を、決定的出発点とみなす観点を述べた

Topics: French literature, 19th Century poetry, Charles Baudelaire, The Flowers of Evil, Walter Benjamin
Publisher: 富山大学芸術文化学部
Year: 2015
OAI identifier: oai:toyama.repo.nii.ac.jp:00004898

Suggested articles


To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.