Article thumbnail

Cause and its Solution of Breakage in Main Bearing Stud at Diesel Engines

By 風巻 恒司

Abstract

The studies on the cause of fault at machine elements and materials have been explained by many authors already. But, the studies of actual machine parts under the influence of dynamic load are rare explained. Here the studies of breakage in main bearing siud at diesel engine are achieved and its solutlhn is proved. The results are summarized as follows: 1. The insufficient rigidity of engine bed is most cause of breakage in main bearing studs at diesel engine. 2. Seconrlly, the main bearing stud suffered severe load by the weak structure of main bearing cap and therfore the better type of structure is recommended by the writer. 3. Tightness of main bearing is important too. The maximum tensile stress of main bearing studis about 2 times in comparison with one of the other studby fault of tighting and its value indicates about 28 kg/㎟.ディーゼル機関に於て主軸受スタッドの切損を屡々見受ける。この切損の特徴として,その装着位置からして早期発見が仲々むつかしく従って慨事故を発見した時は主軸受メタルの焼付・亀裂又はクランクジャーナル部の偏摩粍等を併発している事が多く,甚だしきに至っては機関台床亀裂等の大事故を起し機関再選転を不能ならしめた例もある。筆者の過去数年間に互る調査結果より推察すると,概切損事故の特色は機関主軸受NO・としてクランク両・端側の主軸受(例えば7シリンダ機関ではNO・1及8主軸受)には事故皆無であり,切損の過半数は中央主軸受(7シリンダ機関ではNO・4及5主軸受)に発生している事である。尚スタッドの切損個所としてはスタッド植込部からが殆んどである。此等の調査結果を本稿中の表-1に示してある。主軸受スタッド切損に就て調査研究並びにこれに基ずく実験を行い,その原因を究明し得たのでその対策と併せて茲に発表する

Topics: ディーゼル機関, 主軸受スタッド, 損原因, 対策, クランクジャーナル部, 偏摩粍, 主軸受スタッド切損, 主軸受スタッド材料, 中央軸受スタッド, 締付三角形, 内部モーメント, ZM2
Publisher: 富山大学工学部
Year: 1960
OAI identifier: oai:toyama.repo.nii.ac.jp:00003756

Suggested articles


To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.