Article thumbnail

A Study of Acetylene glycols (Part II) : Synthesis of 3.6-dimethyl-4-Octine-3.6-diol

By 野路 末吉 and 角 義雄

Abstract

We have prepared 3.6-dimethyl-4-Octine-3.6-diol from methyl ethyl ketone and Calcium Carbide powder in stead of acetylene, using caustic Kali as a condensing agent in ether or dioxane. The maximum yields of the diol are 65.6% and 4.5% respectively.a.a\u27-ジオキシアセチレン類の合成法にはカルボニル化合物とアセチレングリニヤール誘導体の反応,液体アンモニヤ中でアルカリ金属誘導体との反応等があるが我々は常圧帯温下で粉末カルシウムカーバイドとケトン類をカ性カリを結合剤として,そのいくつかを合成し前報にて2.5-ジメチル-3-へキシン-2.5-ジオール(m.p.93~94℃;B.P, 120~122℃/30mmHg)について述べたが本報では3.6-ジメチル-4-オクチン-3.6-ジオールを合成したので報告する

Topics: アセチレングライコール類, 3.6-ジメチル-4-オクチン-3.6-ジオール, カーメイドの添加順の相異, 常圧帯温下, ZM2
Publisher: 富山大学工学部
Year: 1960
OAI identifier: oai:toyama.repo.nii.ac.jp:00003736

Suggested articles


To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.