Article thumbnail

Evaluation of Learning Content of Co-educational Compulsory Homemaking Education in Senior High School - Based on the Evaluation by Students After Learning -

By 由喜子 長澤 and 麻紀子 小川

Abstract

高等学校における男女必修家庭科の実施後1年を経て,生徒たちが家庭科の履修内容をいかに受 け止めたかを明らかにし,今後の指導上の手掛かりを得るべく,履修10項目の内容への興味の有無 による5段階評価に基づく分析を試みた。分析の結果,①男女の比較では全般的に女子の評価が高 いものの,履修項目の志向性に関しては男女差は認められないこと,②評価傾向を形成する2つの 軸として学習形態の因子と学習領域の因子が捉えられたこと,③評価傾向の志向性は5つにグルー ピングされ,中でも講義形式志向群の存在に注目できること,④家庭科の成績評価の高い群は高齢 者問題への高い興味を示し,体験的学習を志向する傾向が強いことなどが明らかとなり,進学校と しての調査対象校における生徒の家庭科の学習内容に関する志向性の特徴が捉えられた

Topics: 高等学校家庭科, 男女必修, 家庭一般, 学習内容, 評価, 因子分析, 370
Publisher: 岩手大学教育学部附属教育実践研究指導センター
Year: 1996
OAI identifier: oai:ir.iwate-u.ac.jp:10140/428
Journal:
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://hdl.handle.net/10140/42... (external link)

  • To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.

    Suggested articles