Article thumbnail

Development of CAI Courseware for Wood Histology(Ⅱ)-Chapter of Soft Wood-

By 世士郎 井津元, 昭三 林, 孝次 川西, 良企 西森 and 大作 田中

Abstract

これから木材に関わりを持とうとする人たちや木材の樹種識別に関心のある人たちにとって木材の組織構造に関する知識は重要である。そこで第一報で報告したシェルを用いて木材組織学用CAIコースウェアを開発した。本コースウェアは針葉樹材の組織構造について,特に木材の樹種識別の拠点となる特微項目を中心に構成している。本コースウェアの特徴は識別拠点となる木材の組織構造の特徴項目を顕微鏡写真や模式図により視覚に訴え,さらに説明文により理解を深めるように構成することによって使用者にとって理解し易いコースウェアとなっている点である。内容は木材の外観,仮道管,軸方向柔細胞,放射組織,壁孔,樹脂道の六章から成り,全体で31フレームの構成である。本コースウェアは顕微鏡写真のデータ35,模式図のデータ4,説明文となるテキストデータ39から構成されている。By using the shell reported in our 1st paper,we developed CAI courseware for wood histology for the persons who participate in wood,and who have interest in wood identification.The contents of this courseware are mainly on soft wood characters for wood identification.The feature of this courseware is easy for users to comprehend of wood histology,by displaying many microphotographs of wood anatomy and explanation.This courseware is comprised of 6 sections,that is,appearance of wood,tracheid,axial parenchyma,ray,pit and resin canal.The frames of this courseware are 31 in all,and this courseware is comprised of 35 microphotograph data,4 schematic diagram data and 39 text data

Publisher: 大阪教育大学
Year: 1990
OAI identifier: oai:ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp:123456789/6291
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.... (external link)

  • To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.

    Suggested articles