Skip to main content
Article thumbnail
Location of Repository

Distributed Home Agents in Mobile IPv6

By 浩章 福田

Abstract

電子機器端末の小型化技術や通信技術の発達により、身の周りのあらゆる電子機器がなんらかのかたちでインターネットに接続されるようになってきた。こうしたときにさらなる利便性として求められるものが、移動通信のサポートである。Mobile IPv6 技術は、移動中の継続的な通信を支援する技術の一つである。MobileIPv6 では移動中でも同じIP アドレスを使い続けることができる。これはホームエージェントと呼ばれるノードが移動端末の所在を把握し、他の端末との通信を仲介することにより実現される。このホームエージェントは、基本的には1 台の設置を前提として仕様が決められている。本研究では複数のホームエージェントをネットワーク上に分散して配置する仕組みを提案し、実現する。それにより、Mobile IPv6 の運用における全体的なネットワークの効率化と負荷分散を目指す。修士論

Topics: モバイルIPv6, バインディングアップデート, IPv6エニーキャスト, Mobile IPv6, Binding Update, IPv6 Anycast, Computer science, 007
Publisher: Waseda University
Year: 2005
OAI identifier: oai:dspace.wul.waseda.ac.jp:2065/728
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://hdl.handle.net/2065/728 (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.