Location of Repository

Structural documents for publishing using XML, and auto typesetting

By 晶 川合

Abstract

 近年,コンピュータ技術の発展や普及に伴い,さまざまな情報の電子化が行われてきた。画像や動画などのメディア,個人情報や文書のなどといった,あらゆる情報が電子化されている。現在では,教科書やカタログといった,紙媒体で世に出版されている出版物も,その紙面の情報は電子化されている。 本研究は,商業用で扱われる出版物の内容を構造化し,DTPソフトを用い,プログラムによる自動処理で,電子化された紙面データの製作を行うシステムの開発を行った。文書の構造化には,XMLを用いる。XMLは,タグで囲まれた情報をひとまとめにし,さらにそれを入れ子にすることで,複雑な階層構造を表現することができる。紙面データ作成の自動処理は,人の手作業による手間を省き,時間とコストを削減するために用いられる。修士論

Topics: DTP, XML, 自動組版, DTP, XML, auto typesetting, Computer science, 007
Publisher: Waseda University
Year: 2005
OAI identifier: oai:dspace.wul.waseda.ac.jp:2065/731
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://hdl.handle.net/2065/731 (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.