Location of Repository

Speedup of many objects collision model in hybrid concurrent constraint programming

By 伸一 飛田

Abstract

Grifonは,制約に基づいてアニメーションを表現するための描画・統合ツールである.Grifonではアニメーションの時間的変化をハイブリッド並行制約で,グラフィックオブジェクトの空間的関係を幾何制約で表現している.一般に多数の物体が相互干渉するようなシミュレーションをしようとすると,計算に時間がかかるようになる.この問題はハイブリッド並行制約処理系においても同様に起こる.本研究ではハイブリッド並行制約を用い多数のボールの衝突モデルを作り,その実行速度の高速化が可能かどうかを調べた.高速化のための工夫としては空間の分割,ask制約の削減,default制約の削減などがある.空間分割は衝突の判定の効率化に,ask制約の削減はオーバーヘッドの減少に,default制約の削減はバックトラックの減少に有効である.上記の工夫の結果,衝突のモデルの実行時間を半分以下ににすることが出来た.卒業論

Topics: Grifon, ハイブリッド並行制約プログラミング, 高速化, 多物体衝突, Grifon, Hybrid Concurrent Constraint Programming, Speedup, Collision of many objects, Computer science, 007
Publisher: Waseda University
Year: 2004
OAI identifier: oai:dspace.wul.waseda.ac.jp:2065/688
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://hdl.handle.net/2065/688 (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.