Article thumbnail

R_<II>格子と対応する箱玉系について

By 一貴 前田, 諭 辻本, Kazuki Maeda and Satoshi Tsujimoto

Abstract

九州大学応用力学研究所研究集会報告 No.23AO-S7 「非線形波動研究の進展 : 現象と数理の相互作用」Report of RIAM Symposium No.23AO-S7 Progress in nonlinear wave : interaction between experimental and mathematical aspectsこれまでの研究により,直交多項式のスペクトル変形の両立条件として非自励離散戸田格子が導出され,それを超離散化して有限格子境界条件を課すことで運搬車付き箱玉系の時間発展方程式が得られることがわかっている.本稿ではR_<II> 有理関数と呼ばれる双直交関数に対して同様にスペクトル変形の両立条件を考え,導出される非自励離散可積分系に対してその超離散化を考える.さらに対応して現れる箱玉系について考察を行う

Publisher: Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University
Year: 2012
OAI identifier: oai:catalog.lib.kyushu-u.ac.jp:2324/23455
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://hdl.handle.net/2324/234... (external link)
  • http://www.riam.kyushu-u.ac.jp... (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.