slides

網膜内境界膜の超微細構造 第1報 臨界点乾燥表面レプリカ法による網膜内境界膜の観察

Abstract

コラゲナーゼ処理と臨界点乾燥表面レプリカ法を用いてウサギの網膜内境界膜の超微細構造を透過型電子顕微鏡で観察した.1)この方法は手技が比較的簡便で,再現性が高く,広範囲,かつ鳥瞰図的に網膜内境界膜を観察できる点で優れている.2)網膜内境界膜は基底膜の特徴である網目構造をとり,篩が三次元的に重なり合って広がっていた.3)孔の直径は10~25 nmに集中し,視放部(直径の平均値は13.43 nm),髄翼部(13.59 nm),網膜周辺部(13.40 nm)で,統計学的な部位による有意差は認められなかった.4)網膜周辺部では硝子体線維が密に残り,網膜内境界膜の透見できる部分が非常に少なく,篩の分布が疎でその形も他と多少異なっていた.これらの網膜内境界膜の篩はsize barrierとして網膜硝子体間の物質移動の関門の役割を果すと考えられる.篩の分布が疎で硝子体線維が密な網膜周辺部より網膜後極部,特に視放部で物質移動がより多く行われていると推察し

Similar works

Having an issue?

Is data on this page outdated, violates copyrights or anything else? Report the problem now and we will take corresponding actions after reviewing your request.