Article thumbnail

ウワナリ コナミ ノ ショソウ 1 : ヘイアンジダイ オ チュウシン ニ

By 片山 剛 and 千里金蘭大学 教養教育センター

Abstract

夫が新たに別の妻を持つ場合、元の妻を「こなみ」、後の妻を「うはなり」と言った。そして「こなみ」はしばしば「うはなり」を憎むあまり暴力を振るう(あるいは人を使って振るわせる)こともあった。これが「うはなり打ち」である。しかし「こなみ」と「うはなり」が仲睦まじいこともありえたし、「うはなり打ち」がおこなわれる場合でも時代によってその性格は異なっていたようで、また同じ時代でもすべて同じようにおこなわれたわけでもなかった。本稿では、平安時代の文学を中心にしつつ、前後の時代にも目配りして「うはなり」「こなみ」の様相をたどる

Topics: 先妻, 後妻, 嫉妬, 諍い, 平安時代, First Wives, Second Wives, Jealousy, Conflict, Heian period
OAI identifier: oai:kinran.repo.nii.ac.jp:00000353

Suggested articles


To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.