Article thumbnail

「学習者中心」の普及と教師の自立をめざした研修デザイン-ベトナム中等日本語教育支援の再構築-

By 黒田 朋斎 and 中尾 菜穂

Abstract

本稿では、ベトナムの中等日本語教育支援として2016年度末から2017年度にかけて全国の中学校および高校のベトナム人日本語教師を対象に、筆者らが定めた「教師の成長イメージ」にある「授業に慣れた教師」を「自立した教師」に引き上げることを目的として実施した全国研修およびそのフォローアッププログラムについて述べる。「学習者中心」をテーマとした全国研修の参加者(以下参加者)は、その後のフォローアッププログラムとして全国研修での学びを実践する公開研究授業、および全国研修非参加者(以下非参加者)との合同研修での報告、最終レポートの作成を行った。その結果、参加者の「学習者中心」の授業の実践を促すことができただけではなく、「学習者中心」のテーマが合同研修を通じて非参加者にも理解され実践につながる様子が見られた。本プログラムには教師の成長を促す一定の効果があると見られるが、その効果についてはプログラム実施を繰り返しながら継続して検証していく必要がある。This report provide the overview of the teacher training program for Vietnamese teachers of Japanese language at secondary schools (grade 6−12) conducted in the throughout school year of 2017.The theme of this program is “how to conduct the learner−centered Japanese lesson” and 15 selected mid level teachers who have a certain teaching experience attended to step up to the higher level teachers who can develop their own teaching skills independently. The program mainly consists of two part ; the nationwide group training and the follow−up program including open demonstration classes and the subsequent region−based group trainings.Observations revealed that the participants positively tried to put “the learner−centered approach” into their own teaching practice through individual follow−up program, and through the region−based training held afterwards, this positive attitude was widely shared with teachers who did not attend the nationwide group training as well. The first trial of the throughout year, it provided a positive impact on teachers, but further implementation and research will be needed to evaluate the effect of this teacher training program

Topics: 「学習者中心」, 自立した教師, 教師の成長イメージ, フォローアッププログラム, 公開研究授業
Publisher: 国際交流基金
Year: 2019
OAI identifier: oai:jpf.repo.nii.ac.jp:00000685

Suggested articles


To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.