Article thumbnail

A New Trial Class for MEXT Japanese Studies Students: Exploring Hitotsubashi University and Surrounding Areas

By まり 西谷 and Mari Nishitani

Abstract

Ⅱ. 報告本稿では、日本語・日本文化研修留学生を対象に行われた授業「Seminar for MEXT JapaneseStudies Students A」において筆者が行った「大学と周辺地域を探索する」ことをテーマに掲げた授業について報告する。この授業ではまず、一橋大学キャンパスの中に点在している元学長らの銅像について調べた。次に立川市の現代アートの探検ツアーに参加して、興味をもった作品について発表を行った。そして、3つめに、インタビュー活動を実施した。インタビュー対象者は、地元の中堅企業の社長、同窓生の青年政治家、国際交流ボランティア組織を立ち上げて一橋大学の学生及び地域の外国人支援の活動を続けている女性の3名である。最後に一橋大学出身の有名人について調べて発表した

Topics: 日本語日本文化研修留学生, インタビュー活動, 大学, 地域, 体験
Publisher: 'Commonwealth Forestry Association'
Year: 2019
DOI identifier: 10.15057/30746
OAI identifier: oai:hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp:10086/30746
Provided by: HERMES-IR

Suggested articles


To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.