Article thumbnail

ケイサンキ シミュレーション ニヨル FCC キンゾク ノ ハジキ ダシ エネルギー ノ ヒョウカ

By 頼實 一全, 山村 泰道, ヨリザネ カズマサ, ヤマムラ ヤスノリ, Kazumasa Yorizane and Yasunori Yamamura

Abstract

FCC金属のはじき出しエネルギーを計算するために, 時間発展的カスケードシミュレーション・コードDYACOCTを用いて, 低エネルギーの1次はじき出しに対する平均はじき出し数を5種類のFCC金属(Al, Ni, Cu, Ag, Au)について計算した。また, シミュレーションに用いる原子間ポテンシャルがシミュレーション結果に与える影響を調べるために, 各金属に対してそれぞれ3種類の原子間ポテンシャル(Moliereポテンシャル, Kr-Cポテンシャル, AMLJポテンシャル)を用いて同様の計算を行なった。そして, はじき出し損傷関数の表式として, 2つの対照的なモデル(Kinchin-Peaseモデルと連続確率モデルを考え, これらを用いてシミュレーション結果からはじき出しエネルギーを計算した。その結果, シミュレーション結果は連続確率モデルに一致することが分かった。また, 計算機シミュレーションによって得られたはじき出しエネルギーは, 実験値と比較すると, 原子番号が比較的小さい金属(Al, Ni, Cu)に対してはMoliereポテンシャルとKr-Cポテンシャルが比較的よく合い, 原子番号が比較的大きい金属(Ag, Au)に対してはAMLJポテンシャルが比較的よく合うことが分かった。In order to investigate displacement energies of FCC (face-centered cubic) metals, the average number of displaced atoms due to low energy PKA (primary knock-on atom) for five FCC metals (Al, Ni, Cu, Ag, Au) have been calculated, using the time-evolution Monte Carlo simulation code DYACOCT. Two displacement models of the Kinchin-Pease model and the continuous displacement probability model have been considered as the displacement damage function, and the displacement energies have been estimated from the results of DYACOCT simulations

Publisher: Department of Applied Physics, Faculty of Science, Okayama University of Science
Year: 1993
OAI identifier: oai:ous.repo.nii.ac.jp:00001054

Suggested articles


To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.