Article thumbnail

The Central Chile Tsunami in March 1985 that Observed along the Coast of Japan : Relation between Magnitude of Chilean Tsunamis with Tsunami Heights in Japan and Hawaii

By 羽鳥 徳太郎 and Hadori Tokutaro

Abstract

1985年3月3日,チリのバルパライソ沖でおきた地震(M=7.8)により,約23時間後に日本の太平洋沿岸各地の検潮所で全振幅10~30cmの津波が観測された.太平洋各地の検潮記録から判定すれば,津波マグニチュードはm=1.5と格付けされる.日本沿岸では津波の周期15分が卓越したが,最大波に60分の長周期波も含まれている.津波初動から最大波が現われた時間は,3時間と7時間前後のところがあり,3時間後に最大波を記録した1960年チリ津波の波形パターンと多少異なった.1700年以降の日本の記録によれば,チリでM8以上の巨大地震が発生して,チリ沿岸で波高が6~8mの場合,日本沿岸では1m程度の波高になり,10mをこえると日本では3m以上に達して被害をもたらした.また,ハワイでは常に日本より波高が大きい.これは,日本の津波予報を適確に判断する上で,チリおよびハワイの津波情報がきわめて重要であることを示している

Topics: 453
Publisher: Earthquake Research Institute, University of Tokyo
Year: 1986
OAI identifier: oai:repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp:00032885
Provided by: UTokyo Repository
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • https://repository.dl.itc.u-to... (external link)
  • https://repository.dl.itc.u-to... (external link)
  • http://hdl.handle.net/2261/129... (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.