Article thumbnail

A Study of the Sense of Busyness in Schools in the Guidance of Extra-curricular Activities:Focusing on School Events

By 田中 真秀, 佐久間 邦友 and 佐藤 典子

Abstract

本論文の目的は,特別活動における学校行事に焦点を当てて,学校現場の多忙感・負担の要因についていくつかの事例をもとに考察することであった.本論文では,現行の特別活動における学校行事の指導と新・学習指導要領改訂に伴う学校行事の指導を比較研究した.これまでいくつかの研究では, 日本の教員が諸外国と比較して長時間勤務であることが指摘されてきた.特に,課外活動において, 日本の教員の時間負担が長い.そこで,教員にとって,学校行事の多忙の要因を明らかにすることにより,教員の負担を少なくすることができるのではないかと考えた.また,教員の多忙化や多忙感については,政府も高い関心を示し様々な施策が実施されているところである.多忙化の原因については,保護者や地域対応,教科指導,部活動など諸説あるが,それらが複層に重なることによって生じていると理解されている.その結果,文化的行事,健康安全・体育的行事,儀式的行事それぞれの負担とそれに付随する負担が明らかになった.教員は通常の授業(教育活動)及び校務分掌に加え,学校行事などの諸活動の準備を校内のみならず校外とも協働して行っている.準備のための時間は,子供たちへの教育活動のためには必要不可欠ではあるが,準備等に教員の労力が割かれている.他の教育的指導への影響および教師個人の精神面など,ワークライフバランスが崩れることが危惧される. 今後は,行事だけでなく特別活動のさまざまな場面において,教員の負担を見直し,コミュニティ・ スクール(学校運営協議会制度)や学校支援地域本部事業などを活用し,多少とも教員の多忙および多忙感を軽減することを特別活動の観点からも検討すべきである.The purpose of this research was an attempt to consider the factors of the teacher’s burden based on several cases of the sense of busyness and the burden of school events, focusing on special activities in school events. This is a comparative study where we compare the teaching of school events up to now and the teaching of school events according to the revision of the new Education guidelines. Some studies have claimed that Japanese teachers are working long hours in comparison with other countries. As a result of our investigation, the burden of the event itself and the burden accompanying it became clear in each of events. As for the time needed for preparations, time is essential to give to instructional activities, but the labor of the teacher for preparations occupies much of the time, and there is a concern about the collapse of the work-life balance including the influence on other educational instruction. We review the burden on teachers as well as events in various scenes of extracurricular activities and suggest that a reduction in the feeling of pressure of the teacher and pressure from the viewpoint of extracurricular activities in future, be made

Topics: extra-curricular activity, school event, special activities, entrance ceremony, teacher of busy sense
Year: 2018
OAI identifier: oai:kwmw.repo.nii.ac.jp:00014484
Journal:

Suggested articles


To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.