Article thumbnail

霧島火山群における構造研究の意義 : 新しい火山学の構築のために

By 恒臣 鍵山

Abstract

霧島火山群の構造に関するミニシンポジウムが1994年1月に行われた.本論に続く論文はその際の発表をまとめたものである.本論はその前置きとして,霧島火山群を紹介すると共に,同火山群の構造を研究するに際して目標とすべき3つの課題を示している.第1に,霧島火山群は複数の火山が同時に活動している火山群であって,そのマグマがどこからどのように供給されているかを明らかにすることが重要である.第2に,なぜ火山群を作るのかを応力場や南九州のテクトニクスとの関係から検討する必要がある.第3に,帯水層と考えられる低比抵抗層が,霧島の広い範囲に見られる.帯水層の分布状況を正確に把握し,噴火の様式や噴火の前兆現象との関係を明らかにしていく事が重要である.In recent years, investigations on the structure of volcanoes have been noteworthy for the further understanding of volcanic processes including locations of magma reservoir, magma rising process before eruptions and causes of related phenomena. The following seven papers including the present one were presented in the mini-symposium on the structure of the Kirishima Volcanoes held at the Earthquake Research Institute in January, 1994

Topics: 453
Publisher: 東京大学地震研究所
Year: 1995
OAI identifier: oai:repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp:2261/13130
Provided by: UT Repository
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://hdl.handle.net/2261/131... (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.