Article thumbnail

Frequency Dependence of Multipath Propagation for Mobile Communications

By 市坪 信一

Abstract

移動通信で使われる電波の周波数は様々で,同じサービスでも世代ごとに周波数は変わる.電波伝搬の周波数特性が広い帯域にわたって解明されれば,周波数ごとの研究は必要なくなり,自システムの回線設計だけでなく他システムとの干渉設計にも有益である.本論文ではこれまでに報告されてきた移動伝搬の周波数特性をまとめて全体像を明らかにする.対象とした伝搬特性は,屋外のマイクロセル環境や屋内環境における伝搬損と建物侵入損,伝搬遅延,到来波の角度広がりである.その結果,ほとんどの環境で周波数による伝搬特性の差が小さいことを示す.むしろ周波数に依存する伝搬特性やその環境を指摘する方が困難である.また,周波数の影響が小さくなる原因についての検討結果も示す

Topics: 移動伝搬, 周波数特性, 伝搬損, 遅延プロファイル, 建物侵入損
Publisher: 社団法人電子情報通信学会
Year: 2010
OAI identifier: oai:kyutech.repo.nii.ac.jp:00004184
Journal:
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • https://kyutech.repo.nii.ac.jp... (external link)
  • https://search.ieice.org/ (external link)
  • https://search.ieice.org/ (external link)
  • http://hdl.handle.net/10228/53... (external link)
  • https://kyutech.repo.nii.ac.jp... (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.