Article thumbnail

新概念の通信網による情報システムモデルの進展

By 茂 小森

Abstract

通信網の概念と技術はインターネットにより加速度的に発展し、通信網を基盤とする情報システムモデルはビジネスや公共分野に広く適用されている。ここにおいて通信網の概念であるピアー・ツー・ピアー(Peer-to-Peer、P2P)が再認識され、情報システムモデルに大きな進展をもたらしている。本研究は、P2Pコンピューティソグの意義と役割を確認し、P2Pの適用分野を探索し、情報システムモデルとしての展望と課題を探求することにある。従来ファイル交換や著作権問題など部分的な面が強調されてきたP2Pの全体像を評価し考察を加えるものである。 P2Pは通信網の仕組みに関する概念であり、インターネットにおけるワールド・ワイド・ウエブ(WWW)の標準検索ツールによる通信網汎用化の後の新たな変革をもたらしている。P2P通信網は、「分散」と「ファイル共有」の基本的概念に基づくネットワーク構造であり、通信網の末端に分散して存在するユーザー端末にプロセスの主導権を与え、端末の潜在的コンピュータ資源を活用する。その特徴は、低コストと迅速処理と簡便性が特徴であり、情報検索、計算処理、情報共有、など広汎な分野に適用される。 P2P通信網の本質は、自発性と共同作業という新しい仕事の方式への移行を促し、ビジネスの仕組みと組織に革新をもたらすことにある。P2P通信網は問題解決の手法であり、大きな変革と効果をもたらし得るが、その応用に際しては適合性について十分な事前検討が求められる。The concept and technology of network are making large progress with Internet, the information system models based on network are widely applied in the business and public sectors. The new networking concept of Peer-to-Peer has re-emerged and it is bringing the innovative changes in the information system models. This paper studies the significance and role of P2P computing, searches business applications, explores the prospect and issues for future business opportunities. The whole picture of P2P is evaluated against previously overstated file exchange and copyright issues. P2P is the concept of network architecture. In the Internet world, World Wide Web (WWW) brought the renovation of the network use and P2P brought another innovation in the information system models and its use. The network structure of P2P is based on the concept of distribution and file sharing. It shifts the leadership of computing process to the terminal users and utilizes the potential computing. The P2P network service achieves low cost, fast process and ease of use. It can be applied to information retrieval, computing, information sharing and other field. The essence of P2P lies in its nature of bringing the changes in the way people do the work, new way of own initiatives and collaboration. Which will materialize the renovation of business structure and organization. P2P is the means of the solution for renovation. Its application requires the advance evaluation of its adaptability to the target problem

Topics: ネットワーク概念, 端末直接接続, 分散構造, ファイル共有, 共同作業, 分散コンピューティング, 業務プロセス革新, 標準秘密保持方式P3P, P2Pプラットホーム, network, concept, direct client connect, distributed architechture, file sharing, collaboration work, distributed computed, work process renovation, P3P privacy protection, P2P platform
Publisher: 上武大学経営情報学部
Year: 2002
OAI identifier: oai:gair.media.gunma-u.ac.jp:10087/11095
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://hdl.handle.net/10087/11... (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.