Article thumbnail

二次元乱流壁面噴流の特性に対する曲率の影響 : 2方程式乱流モデルを用いた数値解析

By 延行 藤沢

Abstract

2方程式乱流モデルを用いて, 平面壁, 凹面壁, 凸面壁に沿う二次元乱流壁面噴流の平均流および乱流特性を予測する方法を示し, それらの特性に対する曲率の影響を検討した. 曲率b/R(ただし, b:半値幅, R:曲率半径)が-0.1~0.1の範囲において, 予測結果は実験と一致する. 乱れエネルギバランスの対流・生成・散逸を実験と対比し, 曲面壁面噴流に対するモデルの適用限界について考察している

Topics: Turbulence, Boundary Layer, Wall Jet, Numerical Analysis, Turbulence Model, Curved Surface, Energy Balance
Publisher: 日本機械学会
Year: 1985
OAI identifier: oai:gair.media.gunma-u.ac.jp:10087/2594
Download PDF:
Sorry, we are unable to provide the full text but you may find it at the following location(s):
  • http://hdl.handle.net/10087/25... (external link)
  • Suggested articles


    To submit an update or takedown request for this paper, please submit an Update/Correction/Removal Request.